厄介な内臓脂肪を落とす方法|食生活の改善と運動で健康ダイエット

飲んで手軽に栄養補給

ジュース

栄養価の高い葉野菜

ケールは、非常に栄養価が高く健康に良いことから、地中海沿岸では古くから食されていた葉野菜です。しかし多くの栄養分が詰まっているため、葉野菜独特の苦みがあります。そのため食べやすくするために、キャベツやブロッコリーなどの苦みの少ない野菜に品種改良されていきました。しかしこれらは、苦味が少ない分、栄養分もケールより少なめになっています。逆に言えば、ケールを食べれば、キャベツやブロッコリーよりも多くの栄養分を摂取できるということです。そして青汁なら、飲むだけでケールの栄養分をしっかりと摂取することができます。しかも青汁は、フルーツや抹茶を混ぜるなど風味に工夫が凝らしてあるため、苦みが少なく飲みやすくなっています。手軽にたっぷりと栄養補給ができることから、ケールが原料となっている青汁には高い人気があります。

具体的な栄養分

ケールに具体的にどのような栄養分が含まれているのかというと、まずはビタミンAやビタミンCなどのビタミン類、そして鉄分やカリウムなどのミネラル類です。ケールにはこれらが、キャベツやブロッコリーはもちろん、にんじんやほうれん草などの栄養価が高い他の野菜よりも、多く含まれているのです。ビタミン類には肌を丈夫にしたり、酸化から守ったりする作用が、ミネラル類には質の良い血液を作ったり、老廃物の排出を促したりする作用があります。さらにケールには、目の保護に有効ということで知られているルテインも豊富に含まれています。現在では、野菜不足から肌や血液や目のトラブルに悩む人が増えてきています。そのためケールで作られた青汁は、そういったトラブルを防止するために、今後一層多くの人に必要とされていくと考えられています。