厄介な内臓脂肪を落とす方法|食生活の改善と運動で健康ダイエット

加齢とホルモンバランス

悩む女性

引き起こすこと

更年期とは、女性の閉経前5年と、閉経後5年の計10年のことを言います。概ね、45歳から55歳の女性に対して使う言葉と考えて良いでしょう。更年期には卵巣機能が低下するため、エストロゲンという女性ホルモンのバランスが乱れます。そのために様々な症状、心身の不調に見舞われることがありますが、それを更年期障害と呼びます。更年期障害は男性にも起こります。およそ女性の更年期と同じくらいの年齢になると、男性もテストステロンという男性ホルモンのバランスを乱します。それが精力減退や薄毛、生活習慣病などの症状を伴うことがあり、その場合は男性でも更年期障害と診断されるのです。男性更年期の典型的な症状としては、精力減退、男性機能の低下があります。

必要な栄養素

女性の更年期における典型的な症状としては、自律神経失調、鬱などといった精神症状があります。これらは男女で若干の違いはあるものの、同じような症状を見せる場合も少なからずあります。何れの場合も、ホルモン補充療法を行うことで、数か月後には症状が改善へと向かいます。またホルモン補充療法に関しては、継続的に行う必要があるほか、更年期の間はホルモンバランスを整えるために、不足しがちな栄養素を積極的に摂取することが大切になります。女性の更年期に必要な栄養素とは、主に大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンに形が似ており、女性ホルモンの代わりとなる成分と言われています。男性の場合は、テストステロンの分泌を促すために、納豆やメカブなどネバネバした食品を摂取するようにしましょう。