厄介な内臓脂肪を落とす方法|食生活の改善と運動で健康ダイエット

体内脂肪を溜めないために

お腹

比較的簡単に解消できる

健康診断の項目として出てくる「体脂肪」という数値は、「皮下脂肪」と「内臓脂肪」の合計値を指しています。そのうちの内臓脂肪とは、腹筋の内側についた脂肪のことで、見た目では判断しにくいたぐいのものです。基本的に、摂取エネルギーよりも消費エネルギーのほうが高ければ、内臓脂肪は自然と燃焼されて落とすことができます。ゆえに重要なのは食事と適度な運動ということになります。ウォーキングなどの有酸素運動と、バランスの取れた食事を1日3食続けることで、内臓脂肪は落とすことができます。また、サプリメントにも有効な成分があり、DHAやEPA、キトサン、ビタミン群、カフェインやポリフェノールなどは、内臓脂肪を落とすのに効果があるとされています。

皮下脂肪との違い

内臓脂肪は腹筋の内側につく脂肪で、一見すると落としにくいイメージがありますが、じつは摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが如実に表われるのが内臓脂肪です。つまり、食べる量が多ければついてしまい、運動量が多くなれば落ちていくという特徴があります。逆に、皮膚のすぐ下についてしまう皮下脂肪は、いったんついてしまうとなかなか落とすことができないたぐいの脂肪です。逆に内臓脂肪が多くなりすぎると、放熱状態が悪くなり、内臓を圧迫したり、血管に入り込みやすくなったりして、最終的には糖尿病などの生活習慣病につながる恐れがあります。摂取エネルギーを抑制するのであれば食生活を見直すことで、比較的簡単に内臓脂肪は落とすことができます。

長生きのための成分

サプリメント

ポリフェノールの一種であるレスベラトロールは、老化を制御する遺伝子に働きかけ、長寿を実現する効果があるとして注目されていますが、他にも美肌効果や生活習慣病の予防など、健康や美容に良い効果をもたらすことでも有名です。

Read More...

加齢とホルモンバランス

悩む女性

更年期は主に女性の閉経前後10年、更年期障害はその間に見られるホルモンバランスの乱れを原因とした不定愁訴のことを言います。更年期障害による症状を改善するためには、ホルモン補充療法と必要栄養素の摂取が不可欠です。女性の場合は大豆イソフラボン、男性の場合は納豆やメカブなどネバネバした食品がおススメです。

Read More...

飲んで手軽に栄養補給

ジュース

ケールには苦みがある分、多くの栄養分が含まれています。具体的には、ビタミン類やミネラル類、ルテインなどが含まれているのです。そのためケールで作られた青汁は、苦味が少なくて飲みやすく、手軽に栄養補給ができることから人気があります。飲むことで、野菜不足による肌や血液や目のトラブルを防ぎやすくなります。

Read More...